Q&A

皆様からの疑問など、ご質問が多かったものをこちらにまとめました。
新しいご質問がありましたら随時掲載していきます。

1、Q:島根県虐待馬緊急支援サイトと「見守る会」HPって
    どういう関係ですか。

  A:「緊急支援」から「見守る」段階へ移行しよういうことで
    「見守る会」に変わりましたが、支援活動は引き続き行なわれます。
    緊急支援サイトから継続される、島根県虐待馬支援オフィシャルサイトですので
    続けてご支援頂ければ幸いです。
    見守る会についてにも多少ご説明していますのでご覧下さい。

2、Q:島根県虐待馬緊急支援の終了に伴い、「ペガサスの翼基金」も
    終了したのですか。

  A:当初の「緊急」な状態は脱したということで、一応の区切りのために
    終了宣言をし、「見守る会」に移行しましたが、支援はこれからも続きます。
   「ペガサスの翼基金」は本年末までですが、新たに「見守る会基金」も設置して
    おります。今後も今までと同じようにご支援頂ければと思います。

3、Q:緊急支援リンクをしていましたが、島根県の虐待馬を
    繋養しているという所からまだ治療の必要な馬達がいるのに
    支援が打ち切られてしまうので、支援とリンクをしてほしいという書き込みが
    ありましたが、どうなっているのですか。

  A:7月現在、里親さんに引き取られた馬が5頭ですので、
    当会が預託している馬は6頭です。
    どの馬も、必要経費(預託料、体調に合わせた調教、補助食品、医療等)は
    全てご支援を頂いている皆様の寄付金より支払われています。

    ボールドイレブン号は、9月より預託先であるグリーンファームに
    引き取られる予定で、一口馬主制度により繋養されます。
    一口馬主制度についてはグリーンファーム(TEL(0889)34-6704)
    お問い合わせ下さい。
    「アラシの会」に引き取られたサントリーフ号(現在名 ひなた)は、
    アラシと共に会員募集をしています。
    こちらは「アラシの会」代表 山下氏(TEL(0728)38-9732)に
    お問い合わせ下さい。重ねて宜しくお願いします。

4、Q:基金がまだ沢山あるようですが、どの様に使われますか。

  A:今まだ、里親さんが決まっていない馬、里親さんの準備待ちの馬など
    6頭を預託しています。
    月々の経費の詳細は会計報告に掲載していますが
    5月分の預託費(調教費等含む)だけでもまだ100万円以上掛かっています。
    全頭が里親さんに引き取られた後、残っている基金は11頭の
    将来のために使わせて頂きます。

5、Q:まだ、里親さんが決まっていない馬もいるのに
    何故、支援を終了し「見守る会」になったのですか。

  A:ご指摘のとおり、中途半端な状態での支援終了で
    疑問をもたれている方も多いかと思います。
    1でも触れましたが、「緊急支援」という形で皆様にご協力を
    お願いしてもう半年が過ぎました。いつまでも「緊急」という
    形をとるのは、如何なものか。ということもあり、緊急状態からは脱したという
    ご報告をさせて頂きましたが、全ての馬が里親さんの元へ行くまでは
    いままでと活動自体は変わりませんので、ご理解頂きたいと思います。
    (当初は、基金が集まらなければ、安楽死もやむなしという状況でした。)